名古屋女子大学大学院・名古屋女子大学・名古屋女子大学短期大学部
  • 名古屋女子大学高等学校・名古屋女子大学中学校
  • 名古屋女子大学付属幼稚園
  • アクセス
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
ENGLISH PAGE
越原学園について

建学の精神

 本学園は、大正4(1915)年 越原和、越原春子により設立された、名古屋女学校(本科、裁縫科、家政科)を源流とし、現在、大学院・大学・短期大学部・高等学校・中学校・幼稚園を設置する女子総合学園です。

 学園の建学の精神は、創立以来の『学園の信条である「親切」を根幹として、個々の人格を陶冶し、かつ高い教養を身に纏った、よき家庭人であり力強き職能人としての女性を育成する』ことにあります。

 越原春子は、「親切」は、「人間愛、友愛、学問の研鑽である」とし、また「人類文化の発展向上に役立つ有為な女性の育成」を目指す必要を述べています。今日、その実現の為に教育の目標として掲げるべきは、伝統文化の継承の上に立って、新しい文化を創造していくことであり、この温故知新の精神こそ学園における教育・研究活動の要諦であります。物質文明爛熟のこの時にあっては、精神文明の重要性を強調し、新しい価値基準のもとに永続し得る個性豊かな人類文化を構築する精神的目標を形成してこそ、学園の信条「親切」の一層の具現化がなされていくこととなるのです。

 学園生活に目を向ければ、「親切」の実践は「あいさつ」にはじまります。活気溢れる学園は、「あいさつ」を実践することの大切さを提唱し、教職員が率先垂範することを全学的に心がけています。

創立者のことば

創立者 初代学長 越原 春子 (昭和33年4月記)

創立者 初代学長 越原 春子

 日本女性がながい眠りから解放された今日、それを形式だけでなく実質上の真の解放にまで到達せしめるものは、女性自らの努力によらねばなりません。自らの努力とは、まさに自分自身でそれをやりとげることであります。この意味からまず第一に指折られるものは、女性が経済的能力を持つということです。女性が消費の側にのみ廻っている時、いくら法制的に地位がみとめられても、実質的には男子の隷従物にしか過ぎません。歴史はこれをものがたっています。

 本学は、この新しい時代の先駆として、高い教養を身に纏った職能人としての女性を育成するために設立したのであります。ことに服飾文化、栄養科学の分野は女性職能に最適といえましょう。両者ながら実技は申すまでもなく、学問としても、人類文化向上のため未踏の境は果てしありません。

 多くの職能が男子によって代表されている中に、衣食の文化をつかさどる職能は、私達女性に独自のものとして完成されなくてはなりません。それを思うにつけても、とかく女性に不足がちな、ねばりと申しましょうか、不撓の努力と追究力が待たれます。本学に学ぶ学生諸姉は「不撓の努力」このことばを銘記してください。なまやさしい花嫁教育ということばを、大学にあっては返上すべきです。

 私は、こうした女性自らの力の上にうち立てられるよき妻であり、やさしい母であり、そして力強き職能人である「新しい日本の女性像」を待望しています。また、私はこの目途にひたぶるな本学がたえず楽しい学問の園であることをねがっています。おもうさえ学園が愛情と礼節の気高さの中にあることは尊いことです。創設44年をかえりみて学園訓「親切」は大きく実を結んできました。それは広義に於けるヒューマニティであり狭義の友愛であり、師弟愛であり、学問への熱情と研鑽であります。

 こうしてこの学園に生い立つ諸姉が、人間として女性としての完成を希ってやみません。

校章の由来

 日本の神話の中で、国造りの神として崇められている女神、天照大神(伊勢神宮祭神)が、子孫に伝えた三種の神器の1つ「八咫(やた)の鏡」をかたどり、校名の頭文字「名」を入れたもので、本学園の鏡のごとく清らかな人づくりの教育と、優美な日本女性を象徴しています。

名古屋女学校校章(大正8年制定)

名古屋女学校校章(大正8年制定)

名古屋女学校校章は現在、
  名古屋女子大学・名古屋女子大学短期大学部、
  名古屋女子大学中学校・名古屋女子大学高等学校、
  名古屋女子大学付属幼稚園 で使用されています。

ページトップへ
Copyright (C) 2013 Nagoya Women's University. All rights reserved.